スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一足早い豪華マッチ


12-5

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会もいよいよ決勝トーナメント。

NHK-BSでは、ワールドカップの予選の模様を放映していた。

昨年その中で、「ブラジルvsアルゼンチン」を観た。


一方、アルゼンチンもテベス、メッシという
2大スターの2トップ。

二人とも背は低いものの、走り出したら止まらない、
止められないスピードとテクニック。

若きスターとしてデビューした二人も今や
テベス25歳、メッシ22歳。

そして、その下にはなんとベロン!

まだやっていたのか!

忘れかけていた名前だったのに、
いまだ代表選手だったとは。

ちなみに、ベロンは34歳。

そして中盤の底にはマスケラーノ(25歳)もいる。

が、アルゼンチンの場合、CBとGKが
代表経験の浅い選手たち。

守りが不安。

いったいどちらに勝利の女神が微笑むのか。

スポンサーサイト

一足早い豪華マッチ


12-4

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会もいよいよ決勝トーナメント。

NHK-BSでは、ワールドカップの予選の模様を放映していた。

昨年その中で、「ブラジルvsアルゼンチン」を観た。

いうまでもなく南米の強豪どうし、
そのライバル心も高い。

でも、実際のワールドカップではよほど上位にならないと
この2チームがぶつかることはない。

それだけに予選での対決は貴重なゲームとも言える。

てなわけで見る側とすれば、一足早く本番を見るかのような
ワクワク感に包まれていた。




両チームを率いる監督が、
闘将ドゥンガvsスキャンダル王マラドーナ。

一挙に若返った感じがする両監督だけど、
チーム構成や戦い方は対照的ともいえる。

少なくとも今回観戦した、
アルゼンチンのホームでの試合ではそうだった。

背の高い選手を揃えて、堅実な守りのブラジル。

2トップの個人技で突破を図るアルゼンチン。

両チームとも欧州クラブで活躍している選手が
ぞろぞろ揃っている。

ブラジルの1トップはルイス・ファビアーノ。
その下にはロビーニョ、カカ、エラーノ。

なんとも豪華な布陣。

DFもルイゾン、ルシオのCBにマイコン、アンドレサントスと、
なじみの選手が揃っている。

逆に言えば若い期待の選手が出ていないのが残念。


2010.サッカーW杯


-15

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

各国の初戦はどこも慎重、
まずは勝ち点をしっかり取ることに重きを置いている。

地味な展開が多い中、
チリvsホンジュラス戦は違った。

チリのアグレッシブな戦い方は、
他の試合に食傷気味だったおいらには刺激的。

それほど他の国が消極的な試合運びをしていた。

点を取るためのサッカーではなく、
点を取られないためのサッカーに腐心しているようだ。

そんな中でアグレッシブな展開を繰り広げられたのだから、
おいらはたちまちチリのファンになってしまった。


チリの中でも7番、10番、14番のプレーヤーが面白い。


とくに7番サンチェスのテクニックと気概が気に入った。

まだ20歳代前半の若さなのに、
彼がボールを持って前を向くとチャンスが訪れる。

キレのあるドリブルに魅了された。

南米というとブラジルとアルゼンチンが突出しているけど、
チリもぜひベスト16に入ってきてほしいチーム。


想定内の驚き


3-3

サッカーW杯の日本vsデンマーク戦。

岡田サッカーを世界に見せ付けた試合ともいえる。

ピッチ、ボール、立地など特殊な環境で
欧州の強豪国が苦戦している。

でも条件はどの国も同じ。

戦術的には前線からのプレスが世界標準と評されている。

たとえ1トップでも高い位置から守備的な動きもしないといけない。

が、この試合の日本はあるラインまでは
自由にデンマークにボールを持たせていた。

見た目には特に序盤はデンマークのペースにも見えた。

これが岡田監督の指示によるものかどうかは知らないが、
決定力不足が叫ばれる中で3-1と堂々たる結果を示した。


欧米とくに英米的制度を採用しさえすれば「経済通」と呼ばれる
わが国の政治家たちに見習ってもらいたい。

テレビや新聞では猫も杓子も「消費税増税、法人税減税」を叫んでいる。

それが「経済成長」のための「必要条件」であるかの如く。

先進国の税率を比べてみれば誰でも分かる話だが、
果たして本当にそうだろうか?

単に表面上の税率の違いだけを比較しているだけで
議論が短絡的になっていないだろうか。

一国の経済政策が与える効果はグローバル化の進展の中で
相対的に低下している。

ネット上では表層的な議論に懐疑的な見方もかなり多いが、
マスメディアではほとんど見られない。

ま、そんなつまらん話はともかく
世界のサッカーを楽しみにしているおいらとしては楽しみが増えた。

決勝トーナメント初戦の相手は、パラグアイという南米の古豪も堅守だけど、
まだまだ楽しみが続くのだから、日本代表に感謝したい。

2010.サッカーW杯


-14

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

イングランドvsアメリカ。

アメリカは3大会連続出場のドノバンのチーム。

おいらはアメリカがかなり今回やるのでは、
と密かに思っていた。

とはいえ初戦の相手はイングランド。

ルーニーの活躍と彼と組むFWが誰か、
人材豊富な右のウィングを誰がやるのか。

初戦はへスキーとレノンだったが、
興味は尽きない楽しみなチームの一つ。


前半4分、ヘスキーのポストプレーから
ジェラードがするするっとゴール前でアウトサイドで先制。

イングランド相手では
やっぱりアメリカはまだまだ勝てないか。

今回の南アフリカ大会は高地ということもあり、
ボールが思ってた以上に飛び、GKのハンブルする姿が多い。

そんなテレビ解説の直後、
まさにイングランドのGKグリーンが正面のシュートをハンブル。

スローでもう一度みてもミスに思える、
グリーンは孤独だろうなあ・・・・。

でもその直後、GKのミスを自分たちで取り返してやる、
ルーニーらの本気モードの反撃が始まる。

これで得点が入ったらグリーンも救われる。

同点に追いつかれたイングランド、
怒涛の反撃に出るも、結局1-1.

米国のデンプシーが目立った試合だったが、
彼もイングランドのプレミア・リーグで活躍中。

ルーニーはクラブ終盤での怪我の状態がまだ完璧ではないのか、
彼にしては精彩を欠いているのが気になった。

想定内の驚き


3-2

サッカーW杯、南アフリカ大会。

予選リーグ3戦目、日本vsデンマーク。

日本は引き分けでも決勝トーナメントに進出できる。

序盤はデンマークがワイドに展開してのパス回し。

ボールを支配していたものの、日本のプレスは甘い。

結果的にはこの戦術は成功した。


本田、そして遠藤のFKでの2得点は鮮やかだった。

日本が予選リーグは突破するにしても、
こんなかっこいい得点をあげてくれるとは思わなかった。

先制点の本田の一蹴りの決定力も驚いたけど、
次の得点がどちらに入るかで、ガラリと試合が変わってしまう。

精神的な意味で遠藤の2点目も大きかった。

守備でも相変わらず闘莉王と中澤の安定感(長友も自信を持っている)。

松井や大久保のアシストも見逃せない。

また、戦前さんざん酷評された岡田監督だけど、「世界標準」のサッカーを敢えて避け、
日本的なやり方を貫いたことが奏功したように思う。

大和魂を世界に知らしめた意義は大きい。

2010.サッカーW杯


-13

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

注目のカードが次々に行われ、
ブログにアップする暇もなく過ぎ去っている。

薄れゆく記憶から必死に呼び起こして。


ポルトガルvsコートジボワール

楽しみなドログバvsC.ロナウドの対決。

ドログバは怪我のため途中出場で
動きもまだ磐石ではなさそうだった。

一方のロナウドは前半11分に、
スターらしい動きで湧かせてくれた。

中央付近からメイレレスからのパスを受けると
くるっと前を向くや鮮やかなフェイクを入れる。

そして、31mもの距離がある中、
迷わずシュートを放つと左ポストを直撃。

いきなりの派手なパフォーマンスに沸いたが、
ここがこの試合の最大の見せ場だった。

やはり開幕戦は失点を恐れた守備的な展開が多い。

つまらん。



Lenovo 円高セール・ファイナル♪「ThinkPad」など今週末のみ最大19%OFF


☆ 今週末に有効のeクーポン! 6/26(土)午前1時頃~6/27(日)まで

  レノボ《円高セール ファイナル》は、最大19%OFF!!

  ThinkPadも、ThinkCentreも、ThinkStationも対象。

  ⇒ eクーポンコードは、対象製品をショッピングカートに入れ、
  右下に入力して「適用」をクリックすると値引が適用される。


● ThinkPad、ThinkCentre、ThinkStationシリーズ 適用条件

 ・ PC本体価格が【12万円以上】 → PC本体価格をさらに【19%OFF】

 ・ PC本体価格が【10万円以上】 → PC本体価格をさらに【15%OFF】

 ・ PC本体価格が【6万円以上】 → PC本体価格をさらに【5000円OFF】



 ▼ レノボWeb広告限定ストアでは、通常のレノボ・オンラインショップでの
    キャンペーン価格から、さらにお買い得な割引クーポンを発行している。
  

 → ≪ レノボWeb広告限定ストア 広告限定eクーポンはこちら ≫


・ 週末はキャンペーン価格から、eクーポンでさらに最大19%引き

   ThinkPadも、ThinkCentreも、ThinkStationも対象!

・ 《カスタマイズモデルが新登場》 ThinkPad Edge 14”

   必要に応じて無駄なくスペックを構成! シンプルなビジネスノートPC

・ 《47,880円~》 さらに価格を安く! デュアルコアCPU搭載ノートPC

   ThinkPad SLシリーズは14型と15.6型選べてお得な価格!

・ 《5万円台~》 インテル(R) Core(TM)i プロセッサー搭載のThinkPad

   パワフルなスタンダード・ノートPC、ThinkPad Lシリーズ

・ 《ウルトラベース追加無料スタート》 ThinkPad X201シリーズ

   8万円台~! カスタマイズもお得なコンパクトなモバイルノートPC


 ★ レノボ・ショッピングでは、全製品対象で送料無料!

 ★ 「日経パソコン2009」ノート部門総合満足度第1位!(2009.8.24.発行号)



想定内の驚き


3-1

ブログにもアップしていたように
日本が決勝トーナメントに進出したのは想定内のことだった。

少なくともデンマークvsカメルーン戦を見た限り、
デンマークの動きの鈍さに眼を疑った。

個々の能力の高さは言わずもがなのことだけど、
それが組織として機能していない。

血が通っていないというか、
有機的な動きとしてつながっていなかった。

もちろん相手も異なるし、選手たちの体調も異なるし、
監督の戦術も試合によって異なってくるだろう。

そうだとしでもこの時点で、
日本の相手ではない、とおいらは思った。

ましてや引き分けでも良いという心理的なアドバンテージも大きい。

それにしても・・・

2010.サッカーW杯


-12

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

4年に一度の祭典、やっと始まったけど、
あっという間に終わっちまうんだよなあ。


そして、アルゼンチン登場。

メッシとテベスのドリブル、ベロンは出るのか。


アルゼンチンvsナイジェリア。

ナイジェリアもメンバーのほとんどが自国を飛び出し
主に欧州リーグでプレーしている。

あとはチームとしての組織力が備われば
強豪チームを脅かす面白い存在になるだろう。


選手としてはカリスマ性の高かったマラドーナ、
神の手や5人抜きのドリブルは今でも放映されている。

でも南米予選で苦労したチームをみれば、
監督としての手腕はいまだ評価できない。

マラドーナがどう立て直してくるのか、
楽しみなワールドカップ初戦。

いきなり魅せてくれた・・・。



立ち上がりからアルゼンチンが攻め上がる。

メッシ、テベス、イグアインの3トップが
自由に動き回ってナイジェリアDF陣を翻弄。

とくにメッシが前を向いたときには
誰も止めることのできないドリブル突破。

前半3分、そのメッシがDF陣4人の間をくぐり抜け、
ペナルティエリア内に入ってきた。

ラストパスを受けたイグアイン、
足を合せるだけの場面だったがゴールを外す。

いきなりのビッグチャンスだったが、
こういった場面できっちり決め切れないと後で反動が。

メッシのプレーに興奮しつつも
一抹の不安も生じた。


前半6分、テベスがボールを奪ってすぐメッシにパス。

メッシがペナルティエリア直前からシュート。

GKが左手一本でパンチング。

惜しかった!

が、そのコーナーキック。

蹴るのはベロン!

一番遠くから入ってきたのが左SBのエインセ、
まったくのフリーの状態でヘディングを決める。

早くもアルゼンチンが先制する。

南米予選の不安をこれで払拭したかのような
見事なヘディング・シュートだった。



ナイジェリアの守備陣は
前線を流動的に動くアルゼンチンに戸惑っているようだ。

が、徐々に慣れてきたのか
メッシに前を向いてボールを持たせなくなった。

そうなると攻めの糸口がなくなるアルゼンチン、
1点リードとはいえ良い状態とも言えない展開に。


前半18分、久しぶりにテベスからメッシへのパス。

狙いすました左端へのシュートはGKに右手ではじかれる。


前半21分、テベスがDFの裏をつく
絶妙なスルーパスをイグアインに出す。

すかさずシュートも相手DFに当たってゴールならず。

イグアイン、チャンスを逃すのはこれで2本目。


前半25分、ナイジェリアのヤコブが左サイドを突破。

アルゼンチンの右のSBはグティエレス、
ドリブルで突破されるシーンが目立つ。

が、アルゼンチンの両SBはいずれも
本来はCBのプレーヤーだという。

この辺に守りでの不安が残る。


前半26分、タイヲのスローイングから流れ弾を
カイタがボレーシュート。

ゴール左に外れたものの惜しいチャンスだった。

アルゼンチンの守りの不安は
南米予選のときから言われ続けてきたところ。

本戦に入ってもその弱点は露呈されているように思う。


前半28分、ワン・ツーパスが見事に決まり、
左からオバシがシュート気味にゴール右サイドへ。

ヤクブが懸命に走りこんできて
スライディングするも僅かに届かず。

これまた惜しかった。

ナイジェリアにもチャンスはある。


前半37分、巧みな演技でファールをもらったメッシ、
右サイドで自らFKを蹴る。

ゴールに向かうボールではなく
真横に蹴りだし、ディマリアがワンタッチでメッシに戻す。

そのままペナルティエリア内に切れ込み、
左足でゴール左上隅を狙ったシュート。

これをまたもやGKが右手を伸ばし
辛うじて枠の外へ出す。

ナイジェリアのGKの反応はすごい、
しかも安定している。

メッシは前半だけで3-4本も
枠に行ったシュートを止められている。


前半45分、左サイドでアルゼンチンのFKのチャンス。

メッシ、テベス、ベロンの3人が集まっている。

誰が蹴るのか・・・。

清水解説によれば右足のほうが有利な位置だという。

蹴ったのはベロン、
でもゴールの上を大きく外した。

昨年末のクラブワールドカップでの大活躍を見て、
まだまだベロン健在をアピールされた。

90分間走り回ることができるだけでもすごいのに、
チームに欠かせない存在感が光っていた。

それだけに今日の試合でのベロンは
パスミスや相手に奪われるなど、プレーに精彩を欠いている。


前半は結局1-0でアルゼンチンがリード。

が、ナイジェリアにもチャンスはあり、
しかも、メッシのマークがしっかりしてきた。

後半、かなりアルゼンチンは苦戦を強いられそうな予感。


後半3分、ボールを奪ってからのアルゼンチンの速攻で
ベロンらしさをやっと観ることができた。

右サイドへのパスを送り出し、自らもすぐに上がる。

メッシがドリブルで持ち上がり、
右に開いていたベロンにパス。

ベロンから速くて低いクロスがゴール前へ。

メッシの足は僅かに届かず得点には至らなかったが、
昨年末のベロンの活躍を想起させる場面でなぜかホッとする。


後半14分にはメッシ、センターサークルでパスを受けると
そのまま相手陣営をドリブルであっという間に突破。

ペナルティ・エリア内まで
一人でかわして持っていき、最後シュートまで。

相手DFに当たってゴールにはならなかったが、
見るものを惹きつけるメッシのプレー。

もちろん他の選手も動いてスペースを作ってアシスト、
それでもメッシならではのドリブルテクニックに魅了された。


対するナイジェリアも守備に弱点のあるアルゼンチンを
攻めてチャンスは作り出す。

が、最後の詰めが甘い、慌ててしまっている感じ。

惜しいシュートも何本かあったが、
どこかもったいない。

それでもメッシのゴールの枠にいっているシュートを
何本も止めたGKエニュアマは凄かった。

また、ヤクブやオデムウィンギーらの
個人の能力の高さも見せてもらった。

プレミア・リーグで活躍中のミケルが欠場する中で、
アルゼンチン相手に健闘したといえる。


試合は序盤にあげた虎の子の1点を
守り切ったアルゼンチンの勝利。

プレッシャーのかかる初戦に
勝ち点3をあげることの難しさ。

熟知しているマラドーナ監督が
一番喜んでいるのかもしれない。

2010.サッカーW杯


-11

韓国vsギリシャ。

一年のうちに2度も韓国に負けたということで
岡田監督が弱気な発言をして物議をかもした。

ジョークだったと後に弁明をしたが、
長年のライバル国はいつの間にか日本を抜かしたのではないか。

そんな思いに駆られた試合だった。


ギリシャのイメージというと
しっかり組織を作って堅守のなかからカウンター。

ところが、試合は終始韓国ペースだった。

唯一、前半の終了間際だけは
ギリシャの怒涛の攻めが繰り広げられた。

が、それ以外はとにかく動きが鈍い、
パスミスは多い、組織がバラバラの感じだった。

それをさせなかった韓国がすごいのか、
ギリシャに何か誤算があったのか。

原因は分からない。

ただ、イングランドのプレミアリーグで活躍中の
パク・チソンらが自信を持ってプレーしている。

その姿に余裕すら感じた2-0という結果。

数字以上に圧勝だった韓国は
アルゼンチン、ナイジェリアとの対戦も楽しみ。

2010.サッカーW杯

-10

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

開幕戦の南アフリカvsメキシコ。

1-1の同点に終わったけど、
ホスト国の南アフリカが健闘したのではないか。

メキシコにはまだかなわないだろうと思っていた。

アフリカのチームは身体能力の高さを活かした
組織が形成されれば間違いなく優勝候補に入ってくるだろう。

でも、南アフリカの今のチームでは
強かなメキシコにはまだほど遠い。

同点は快挙に近い。

ところがそうでもないらしい。

ホスト国の第1戦の成績は
今まで負け無し(勝つか同点)というデータがある。

1敗もしていないなんて・・・。

ちょっと驚きのデータだった。

その通りに今回も南アフリカは負けなかった。

ホスト国に対して失礼しました。

でもあの笛はやっぱりうるさいけど。


メキシコを含め強豪国には
是が非でも決勝トーナメントに進んで欲しい。

一般的には番狂わせって好き。

強い奴を無名の選手が倒すのは
意外性があって面白い。

大相撲の金星なんかまさにそれ。

各上相手に強いのに格下相手には弱い。

そんな力士って決して嫌いにはなれない。


これがサッカーのワールドカップになると
途端に感覚が異なるものになってしまう。

番狂わせで強豪国が予選敗退なんてことになると
おいらはガッカリしてしまう。

きっちりと予選を勝ち上がって
決勝トーナメントの楽しみを盛り上げて欲しい。

そんな気持ちになっていつもみている。

まだ開幕戦を終えたばかりだけど、
その意味ではメキシコにちょっと不安が残る。

意外な健闘という意味では
南アフリカだけではなかった・・・。

一足早い豪華マッチ


-12

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

各国の初戦はどこも慎重、
まずは勝ち点をしっかり取ることに重きを置いている。

地味な展開が多い中、
チリvsホンジュラス戦は違った。

チリのアグレッシブな戦い方は、
他の試合に食傷気味だったおいらには刺激的。

7番、10番、14番のプレーヤーが面白い。

名前は忘れちゃったけど、
とくに7番のテクニックと気概が気に入った。

ぜひベスト16に入ってきてほしいチーム。


そして、満を持して優勝候補スペインの登場。

相手はスイス、堅守速攻のチームだが、
スペインなら難なく破ってくれるだろう。

ところがどっこい、スペインの猛攻を
まるで壁のように守り抜く。

ボールポゼッションは7割以上スペインに感じられる、
シュート数も20本以上。

いつ点が入ってもおかしくない展開・・・。

レノボ 円高セール1 ThinkPad Lシリーズが5万円台から


☆ ThinkPad Lシリーズは高性能CPUを搭載し、高い堅牢性や信頼性と、
   セキュリティ性能を持ち、定評のあるThinkPadフルサイズ・キーボード
  を搭載したスタンダードノートPC。


⇒ ThinkPad Lシリーズのおすすめパッケージ:

★ 《15.6型》 最新&高性能CPU搭載!実用重視のThinkPad

● ThinkPad L512 《エントリーパッケージ》

  インテル(R) Core(TM)i3-330M プロセッサー、
  15.6型HD(1366×768ドット・アンチグレア)液晶、
  2GBメモリー、160GB HDD、DVDスーパーマルチ、
 IEEE 802.11 b/g/n、Windows 7 Home Premium 32 正規版

  キャンペーン価格 ¥59,850-!! (税込)



▼ レノボWeb広告限定ストアでは、通常のレノボ・オンラインショップでの
    キャンペーン価格から、さらにお買い得な割引クーポンを発行している。
  

 → ≪ レノボWeb広告限定ストア 広告限定eクーポンはこちら ≫


・ 《限定数がなくなれば即終了》 薄くて軽いThinkPad X301を販売中!

   プレミアム・ポータブル・ノートPC購入のラストチャンス

・ 8万円台から! カスタマイズしたThinkPad X201シリーズ

   コンパクト&パワフルな モバイルノートPC がおすすめ

・ 《5万円台~》 インテル(R) Core(TM)i プロセッサー搭載のThinkPad

   カスタマイズでスペック自在! パワフルなThinkPad Lシリーズ

・ 《新製品》 ThinkCentre M90z All-In-One ~液晶一体型の省スペースPC

   高性能CPUやマルチタッチも搭載可能なオールインワンモデル

・ 《49,980円~》 デュアルコアCPU/2GBメモリー/250GB HDD搭載ノートPC

   ThinkPad SLシリーズは14型と15.6型選べてお得な価格!


    


 ★ レノボ・ショッピングはマウス1個から送料無料!

 ★ 「日経パソコン2009」ノート部門総合満足度第1位!(2009.8.24.発行号)


一足早い豪華マッチ


-11

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

イングランドvsアメリカ。

アメリカは3大会連続出場のドノバンのチーム。

おいらはアメリカがかなり今回やるのでは、
と密かに思っていた。

とはいえ初戦の相手はイングランド。

ルーニーの活躍と彼と組むFWが誰か、
人材豊富な右のウィングを誰がやるのか。

初戦はへスキーとレノンだったが、
興味は尽きない楽しみなチームの一つ。


前半4分、ヘスキーのポストプレーから
ジェラードがするするっとゴール前でアウトサイドで先制。

イングランド相手では
やっぱりアメリカはまだまだ勝てないか。

今回の南アフリカ大会は高地ということもあり、
ボールが思ってた以上に飛び、GKのハンブルする姿が多い。

そんなテレビ解説の直後、
まさにイングランドのGKグリーンが正面のシュートをハンブル。

同点に追いつかれたイングランド、
怒涛の反撃に出るも、結局1-1.

米国のデンプシーが目立った試合だったが、
彼もイングランドのプレミア・リーグで活躍中。

決勝トーナメント進出できそう


サッカーのワールドカップ、南アフリカ大会。

日本と同じ組の予選、デンマークvsカメルーン戦をみて。

率直に言って、日本代表は決勝トーナメントに進めるだろうと思った。

第1戦を黒星スタートの両チーム、
試合はデンマークが2-1で勝ち、カメルーンの敗退とオランダの進出が決定。

第3戦のデンマークとの勝負になった日本だけど、
今回のカメルーン戦を見る限り、デンマークは全体的なスタミナ不足を感じた。

堅守が特徴のチームとはいえ、ミスも目立った。

カメルーンが日本戦とは見違えるように動き回り
ボールの支配率でもデンマークを圧倒。

やっぱり、中盤の底にソングが戻ってきたことが
個人的には大きいように思う。

カメルーンのチャンスも多かったが、
最後の決定力がなかった。

日本がオランダ戦のように組織がしっかりしている守備を続けていれば
必ず後半デンマークはバテてきてチャンスが到来する。

また、この試合でアッガーとCBを組んでいるケアーが
イエローカードをもらって日本戦には出場できないことも大きい。

何が起こるかわからない90分での出来事ではあるけど、
日本にも大いにチャンスがありそう。

同点でも得失点差で有利な日本、
決勝トーナメントへは進めそうに感じている。


レノボ 週末セールで「ThinkPad」もオールインワンPCも値引き!



☆ 《新製品》 オールインワンタイプのデスクトップPC、ThinkCentre M90z All-In-One

   1920×1080ドットの23型液晶はマルチタッチ機能も搭載可能!

● ThinkCentre M90z All-In-One 《ホームOS限定 お買い得パッケージ》

インテル(R) Core(TM)i3-530 プロセッサー、
2GBメモリー、160GB HDD、DVDスーパー・マルチ、
ギガビットイーサネット、ワイヤレスLAN
Windows 7 Home Premium 32 正規版、3年オンサイト保証

キャンペーン価格 ¥89,880-!! (税込)

→週末限定eクーポン適用で【さらに値引き!!】


このほか、多数のラインアップとカスタマイズメニューあり!



▼ レノボWeb広告限定ストアでは、通常のレノボ・オンラインショップでの
    キャンペーン価格から、さらにお買い得な割引クーポンを発行している。
  

 → ≪ レノボWeb広告限定ストア 広告限定eクーポンはこちら ≫


・ 《限定数がなくなれば即終了》 薄くて軽いThinkPad X301を販売中!

   プレミアム・ポータブル・ノートPC購入のラストチャンス

・ 週末はキャンペーン価格からさらに値引きするeクーポン★6/20(日)まで

   最大2万3000円OFF!!ThinkPad、ThinkCentre、ThinkStationも対象!

・ 8万円台から! カスタマイズしたThinkPad X201シリーズ

   コンパクト&パワフルな モバイルノートPC がおすすめ

・ 《5万円台~》 インテル(R) Core(TM)i プロセッサー搭載のThinkPad

   カスタマイズでスペック自在! パワフルなThinkPad Lシリーズ

・ 《新製品》 ThinkCentre M90z All-In-One ~液晶一体型の省スペースPC

   高性能CPUやマルチタッチも搭載可能なオールインワンモデル

・ 《49,980円~》 デュアルコアCPU/2GBメモリー/250GB HDD搭載ノートPC

   ThinkPad SLシリーズは14型と15.6型選べてお得な価格!


    


 ★ レノボ・ショッピングはマウス1個から送料無料!

 ★ 「日経パソコン2009」ノート部門総合満足度第1位!(2009.8.24.発行号)


一足早い豪華マッチ

-10

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

注目のカードが次々に行われ、
ブログにアップする暇もなく過ぎ去っている。

そもそもこのタイトルは
昨年見た試合のものだったのに。

順不同になっちまった・・・。

薄れゆく記憶から必死に呼び起こして。


ポルトガルvsコートジボワール

楽しみなドログバvsC.ロナウドの対決。

ドログバは怪我のため途中出場で
動きもまだ磐石ではなさそうだった。

一方のロナウドは前半11分に、
スターらしい動きで湧かせてくれた。

中央付近からメイレレスからのパスを受けると
くるっと前を向くや鮮やかなフェイクを入れる。

そして、31mもの距離がある中、
迷わずシュートを放つと左ポストを直撃。

この試合の最大の見せ場だった。

たいしたことなかったな

日本vsオランダ戦。

サッカーワールドカップ南アフリカ大会、予選第2戦の相手は
万年優勝候補、オランダ。

前線の3人が流動的に動き回り相手DFを翻弄し、
そこへの長い縦パス1本から攻め立てる。

ヨーロッパ予選でのアイスランド戦をみて、
このチームの凄さをまざまざと見せ付けられていた。

中盤の底にはデ・ヨングが相手の攻撃をしっかり抑え、
最終ライン以外に弱点は見出せない。

恐ろしいチームだ・・・・。

ところが、日本は善戦した。

少なくとも記憶に残っている予選での戦い方を
オランダにさせなかった。

とはいえ、1-0で敗れてしまっては
負け惜しみとも言える。

ただ、この試合に勝つことが目的ではない。

予選リーグを勝ち上がることを考えれば、
最後のデンマーク戦で決まる。


特に前半のパスをただ回すだけのオランダの戦い方が悔しい。

日本をなめているのか、それとも日本がよく守ったのか。

いずれにしても後半オランダのギアが一挙にトップに入ったなか、
日本もよく守ったし攻め立てた。

松井や大久保、闘莉王、長友の活躍に拍手。

レノボ 今週末「ThinkPad Xシリーズ」カスタマイズしたほうがお得?

☆ 堅牢性や耐久性を備えたコンパクトなモバイルPC、ThinkPad Xシリーズ

   週末セールのeクーポン利用なら、さらに値引き!


★ 最新のインテル(R) Core(TM)iプロセッサー搭載モデルがこの価格から

● <ThinkPad X201i> 12.1型ワイド液晶《エントリーパッケージ》

 インテル(R) Core(TM)i3-330M プロセッサー、
  LEDバックライト 12.1型WXGA液晶、
  2GBメモリー、250GB HDD、高速ワイヤレスLAN、
 6セルバッテリー、Windows 7 Home Premium 32 正規版、

  キャンペーン価格 ¥99,960- (税込)

  →期間限定eクーポン適用で【さらに5000円OFF】¥94,960-!! (税込)


【絶対おすすめ】上記モデルにカスタマイズで指紋センサーを搭載すると、
ワンランク上の割引対象となり【金額大幅ダウン】

  キャンペーン価格 ¥101,115- (税込)

  →期間限定eクーポン適用で【さらに1万5000円OFF】¥86,115-!! (税込)




▼ レノボWeb広告限定ストアでは、通常のレノボ・オンラインショップでの
    キャンペーン価格から、さらにお買い得な割引クーポンを発行している。
  

 → ≪ レノボWeb広告限定ストア 広告限定eクーポンはこちら ≫


・ 《限定数がなくなれば即終了》 薄くて軽いThinkPad X301を販売中!

   プレミアム・ポータブル・ノートPC購入のラストチャンス

・ 週末はキャンペーン価格からさらに値引きするeクーポン★6/20(日)まで

   最大2万3000円OFF!!ThinkPad、ThinkCentre、ThinkStationも対象!

・ 8万円台から! カスタマイズしたThinkPad X201シリーズ

   コンパクト&パワフルな モバイルノートPC がおすすめ

・ 《5万円台~》 インテル(R) Core(TM)i プロセッサー搭載のThinkPad

   カスタマイズでスペック自在! パワフルなThinkPad Lシリーズ

・ 《新製品》 ThinkCentre M90z All-In-One ~液晶一体型の省スペースPC

   高性能CPUやマルチタッチも搭載可能なオールインワンモデル

・ 《49,980円~》 デュアルコアCPU/2GBメモリー/250GB HDD搭載ノートPC

   ThinkPad SLシリーズは14型と15.6型選べてお得な価格!


    


 ★ レノボ・ショッピングはマウス1個から送料無料!

 ★ 「日経パソコン2009」ノート部門総合満足度第1位!(2009.8.24.発行号)


一足早い豪華マッチ


-9

初戦のカメルーン相手に
落ち着いたサッカーを見せた日本。

このまま勢いに乗ってオランダもやっつけてくれたら
岡田監督もさぞ満足だろうなあ・・・。


予選の組み合わせが決まった直後だったか、
オランダの監督が岡田監督に向かって、

「日本の監督は誰だい?」

「おれだよ、おれ!」

岡田監督にしてみれば、
知名度の低さを痛感しただろうね。

今に見ていろよ・・・・

そんな思いでオランダ戦に挑むはず。

鼻を明かす良いチャンスだと、
密かに期待しているんだけどね。


毎回、優勝候補の一角に挙げられるオランダ。

ただ、最終ラインに弱点があるといわれているし、
日本にも勝機はある。

勝ち、負け、引き分け、それぞれ1/3ずつの確率に思っている。

レノボ 今週末は「ThinkPad」最大2万3000円OFF!!


☆ 今週末に有効のeクーポン!6/19(土)午前1時ごろ~6/20(日)まで

  《円高セール 第1弾》は、最大2万3000円OFF!!

  ThinkPadも、ThinkCentreも、ThinkStationも対象。


⇒ eクーポンコードは、対象製品をショッピングカートに入れ、
右下に入力して「適用」をクリックすると値引が適用される。


● ThinkPad、ThinkCentre、ThinkStationシリーズ 適用条件

 ・  PC本体価格が【13万円以上】 → PC本体価格をさらに【2万3000円OFF】

 ・  PC本体価格が【10万円以上】 → PC本体価格をさらに【1万5000円OFF】

 ・  PC本体価格が【6万円以上】 → PC本体価格をさらに【5000円OFF】



▼ レノボWeb広告限定ストアでは、通常のレノボ・オンラインショップでの
    キャンペーン価格から、さらにお買い得な割引クーポンを発行している。
  

 → ≪ レノボWeb広告限定ストア 広告限定eクーポンはこちら ≫


・ 《限定数がなくなれば即終了》 薄くて軽いThinkPad X301を販売中!

   プレミアム・ポータブル・ノートPC購入のラストチャンス

・ 週末はキャンペーン価格からさらに値引きするeクーポン★6/20(日)まで

   最大2万3000円OFF!!ThinkPad、ThinkCentre、ThinkStationも対象!

・ 8万円台から! カスタマイズしたThinkPad X201シリーズ

   コンパクト&パワフルな モバイルノートPC がおすすめ

・ 《5万円台~》 インテル(R) Core(TM)i プロセッサー搭載のThinkPad

   カスタマイズでスペック自在! パワフルなThinkPad Lシリーズ

・ 《新製品》 ThinkCentre M90z All-In-One ~液晶一体型の省スペースPC

   高性能CPUやマルチタッチも搭載可能なオールインワンモデル

・ 《49,980円~》 デュアルコアCPU/2GBメモリー/250GB HDD搭載ノートPC

   ThinkPad SLシリーズは14型と15.6型選べてお得な価格!


    


 ★ レノボ・ショッピングはマウス1個から送料無料!

 ★ 「日経パソコン2009」ノート部門総合満足度第1位!(2009.8.24.発行号)


一足早い豪華マッチ


-8

サッカーワールドカップ南アフリカ大会。

日本は初戦のカメルーンに1-0で勝利。

次はいよいよオランダ戦。

ファンペルシーという世界屈指のFWがいて、
カイト等が前線で流動的にポジションをかえる。

相手DFにとって嫌なチーム。

怪我でデンマーク戦を欠場したロッベンが
日本戦に果たして間に合うのか・・・。


中盤の底にはデヨングが控えており、
これまた厄介な選手。

日本が引き気味に試合を展開し、
オランダが攻勢に出るパターン。

耐え忍んでボールを奪っていざカウンター、
そのときにデヨングのスライディングは要注意。


カメルーン戦を見る限り、
強豪オランダにも日本はいけそうな気もするんだけどなあ。

一足早い豪華マッチ


-7

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会。

開幕戦の感想をアップしているうちに、
すでに日本vsカメルーン戦が終わってしまった。

あれだけ下馬評が低かったのに、
見事に勝ってくれたね。

松井、大久保が良く頑張ったし、
本田もきっちり決めてくれた。

カメルーンのプレーはどこかちぐはぐで
攻めも淡白で粗い。

攻めの起点となるソングが欠場が大きいと思うけど、
内紛があるチームらしい負け方だった。

日本の勝利にケチをつけられた感じで
今ひとつ後味は悪い。

でも、勝ち点3をもぎ取ったことが
何より大きい。

日本は落ち着いて守り、
見ていてハラハラするような場面も少なかった。

開幕戦という緊張する試合で
これだけやれれば今後も期待できそう。

Lenovo 6/17まで「ThinkPad」のボーナスセール中!


レノボ・ジャパンでは6月17日(木)までの期間限定で
《ボーナスセール》を実施中。
 

◎ 液晶一体型・省スペースのデスクトップPCが登場!

 マルチタッチ液晶も搭載可能なオールインワン デスクトップPC
 <ThinkCentre M90z All-In-One>
 

◎ 【6月17日まで】 《47,880円~》 

 デュアルコアCPU搭載の14型液晶の使いやすいノートPC
 <ThinkPad SL410>が新価格に!
 

◎ 【6月17日まで】 ウルトラベースを無料追加!

 コンパクトなモバイルPC ThinkPad X201シリーズに
 《17,000円相当》の人気周辺機器が!

 
◎ 【台数限定】 台数限定で《今だけ復活》。

 光学ドライブ付きながら、スリムなモバイルPC ThinkPad X301。
 限定数が無くなり次第即終了


 ▼ レノボWeb広告限定ストアでは、通常のレノボ・オンラインショップでの
    キャンペーン価格から、さらにお買い得な割引クーポンを発行している。
  

 → ≪ レノボWeb広告限定ストア 広告限定eクーポンはこちら ≫


   ★ レノボ・ショッピングでは、全製品対象で送料無料!

   ★ 「日経パソコン2009」ノート部門総合満足度第1位!(2009.8.24.発行号)


一足早い豪華マッチ

-6

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会、
開幕戦の南アフリカvsメキシコ。

ホスト国とはいえ、強かな古豪メキシコの相手ではない。

そう思って見ていたら、
先制点は南アフリカだった。


それにしても会場のあの笛の音はうるさい!

なんだ、この音は。

テレビ観戦でも耳障りなんだから
サッカーを集中してみたいという人にはたまらない雑音に違いない。

これもまたお国柄ということで語り草になるのかな。


メキシコが予選リーグ敗退というのもつまらない。

おいらは必死に応援した。

そしたら同点に追いついた。

勝つことはできなかったけど、勝ち点1はとってホッとする。

今ひとつメキシコらしさは観られなかったけど、
開幕戦のプレッシャー故のこと、と思いたい。

一足早い豪華マッチ


-5

開幕戦はホスト国の南アフリカvsメキシコ。

ゲスト解説の中田ヒデがメキシコサッカーが好きだといったのは意外だった。

なんとなく彼は欧州サッカーなのかなというイメージがあった。

メキシコの背は低いけど緻密なパス回しは見ていて面白い。

どこか働き蟻を彷彿とさせる。

同じようなパスサッカーでもスペインはちょっと違う。

シャビやイニエスタの域に達すると
華麗な芸術作品のよう。

スペインもメキシコもどちらも好きなチーム、
勝ち上がって欲しい。


開幕戦らしくお互い硬さが目立ったね。

とくにホスト国の南アフリカは
地元の声援をバックにもっと伸び伸びプレーするかと思いきや。

逆にプレッシャーになってしまったかのよう。

それにしても、うるさい!

一足早い豪華マッチ

-4

いよいよサッカーのワールドカップ南アフリカ大会が開幕。

4年に一度という頻度には大いに不満がある。

世界のサッカーが大好きな人間にとって
残酷なほどあっけない。

たった2ヶ月で世界一が決まってしまうなんて・・・。

予選リーグの組合せも比較的楽なグループと
死のグループとに分かれてしまう。


もし4年に一回という頻度を守るのなら
もう少し長くいろんな組合せで予選突破を決めるべき。

もし2ヶ月で決するのなら
2年に一回、いや毎年でも良いのではないか。

おいらは大会の方式変更を切に望んでいる。


とはいえ、始まってしまえば
夢中になってみてしまう。

深夜の放送になることも多いこの大会、
録画しておく機会も増えるのだが・・・・。

これがまた大変。

ビートルズ誕生秘話


-33

「ビートルズを断った男」として有名になってしまった
デッカ・レコードのディック・ロウ。

本人も不本意なことだったろう。

どこの馬の骨とも分からない
汚らしい格好の4人組バンド。

ギターを抱えたバンドはもう流行らないと
ディックはマネージャーのブライアンに告げている。

そのディックと一年後にテレビ番組で
再会したのがジョージ・ハリスン。


ジョージ:「ディック、今でも俺たちみたいなバンドを探しているの?」

ディック:「そう」

ジョージ:「じゃあ教えてあげるよ。

ローリング・ストーンズというなかなか良いバンドがいるよ。

なんだったら近くのクラブに出ているから自分で観にいったほうがいいよ。

今度は失敗するなよな。」

ちょっと皮肉にも聞こえるが、
実際にディックはストーンズを見に出かける・・・。

汚名返上のためディックも必死だったのかもね。



ビートルズ誕生秘話


-32

ビートルズもローリング・ストーンズも
初期の頃は黒人音楽のコピー曲も歌っている。

R&Bの魅力ってなんだろう・・・。

おいらも中学生の頃、ビートルズにハマった流れで
時代をさかのぼってR&Bの楽曲たちに出会った。

ほとんどが恋愛に関する歌詞だし
曲もシンプルで中学生でもすんなり入ることができる。


それらの曲たちには大人になった今聴きなおしても
色褪せない普遍性を感じるものが多い。


シンプル・イズ・ベスト

いつのまにか聴かなくなってしまう曲でも
あるとき、ふと思い出して聴きたくなる。

いつも机の前にないと不安な辞書のように、
半世紀以上も昔の曲なのに、目の前に置いておきたい。

いや、耳の前に置いておきたい、か。

いや、存在感のあったレコードも
今やデジタル化されて眼には見えない。

だから、常にiPodに入れておきたい、が正解かな。

検索フォーム
プロフィール

hono7

Author:hono7
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。